FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ローリン・ヒルがビートルズの隠れた名曲『Something』をカヴァー!

ローリン・ヒルがビートルズの隠れた名曲『Something』をカヴァー!


ビートルズが“エド・サリヴァン・ショー”に初出演してから50周年ということで米TV番組『Late Show with David Letterman』において様々なミュージシャンによるビートルズ・カヴァーが演奏されており、先日はフレーミング・リップスによる『Lucy in the Sky with Diamond』を紹介させていただきましたが、今回はローリン・ヒルによる『Something』を。

フージーズ〜ソロと輝かしいキャリアを積み重ねてきたローリン・ヒルですが、最近は暗いニュースが先行していました。そんな中で昨年リリースされた新曲『Consumerism』は明るい話題でした。そして今回こういった企画で元気な姿を見ることができ、彼女の活躍を願うファンとしては嬉しい限りです。

ローリン・ヒルが取り上げたこのナンバーは名盤の誉れ高いビートルズの69年の作品『アビー・ロード』に収録されていたもので、『Come Together』と両A面扱いでシングル・カットされています。ジョージ・ハリスンが作曲した作品で、オリジナルではヴォーカルもジョージがとっています。

曲の肝となっているギターを演奏しているのは白人のミュージシャンですが、彼のギターは少しハード・ロックなテイストも感じるもので、一方女性3人によるコーラス、そしてローリン・ヒルのヴォーカルは思いっきり黒いソウルでこの辺の対比も面白いですね。後半の盛り上がりはもの凄く、全員が演奏することをエンジョイしているということがビンビン伝わってきて、見ていると幸せになってきます。うん、すごくいい!






関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/03/24 09:00 ] ヒップホップ I~L Lauryn Hill | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1773-587b64cd









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。