FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Kooks(クークス)が新曲『Down』を公開!

クークスが新曲『Down』を公開!


イギリスの実力派若手バンド、クークスが新曲『Down』を公開しました。クークスは04年にイギリス、ブライトンで結成されたグループで、ブリット・ポップの影響を受けたポップなメロディが特徴です。特にデビュー作『Inside In/Inside Out』にそれは顕著で、ブリット・ポップ大好きな私はこのアルバムを聴いて一発でファンになってしまいました。

その後08年に『Konk』、11年に『Junk of the Heart』と順調に作品をリリースしていますが、『Inside In/Inside Out』リリース後にベースをプレイしていたマックス・ラファティが精神を病み(ドラッグ中毒もあったと言われる)バンドを離れ、その後もドラマーが何度も入れ替わるなどのメンバーの変更があった。

今回公開された『Down』はバンドのフロントマンであるルーク・プリチャードと、ヒップ・ホップ・プロデューサーであるInfloとの共作ということで、これまでのクークスのサウンドとは大きく異なったものになっています。確かにバンドでプレイしてはいるのですが、ビートは完全にヒップ・ホップのもので、メロディもイギリス的な要素はなく今のヒップ・ホップ/R&Bシーンに接近したもので、クラブ仕様といっても良い仕上がりです。

また、一切リハーサルをやらずに録ったとのことですが、確かに曲中に新鮮なヴァイヴが溢れており、ライヴで盛り上がること間違いないと思います。

曲としては面白いと思うのですが、クークスのあのメロディが好きだった私としては複雑な新曲です。







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/04/12 09:00 ] Jesse Winchester The Kooks | TB(0) | CM(2)

せんすん様

こんばんは

自分はこれが初見でしたが、
キャッチーでビートのビシバシ来るヒップホップで、
しかも歌はきちんと歌っているので
新鮮に聴けました。

あのメロディを求めてyoutubeで探索してみます。
[ 2014/04/12 17:42 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

GAOHEWGIIさん

いつもコメントありがとうございます。この曲気に入っていただけ
たのですね。私は文中にも書きましたが、正直以前のクークスの
サウンドの方が好みだったので少し残念でした。

ただ、こういった新しいサウンドを獲得することで、新たなファンの
方が生まれるのはクークスにとっては喜ばしいことですよね!

ぜひ聴いてみて下さい!
[ 2014/04/14 11:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1795-e1aaabfd









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。