FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Meshell Ndegeocello(ミシェル・ンデゲオチェロ) - 『Comet, Come Yo Me』

今年ソウル注目の新作、ミシェル・ンデゲオチェロの新作『Comet, Come To Me』が登場!




ミュージシャンシップの高さからロックはもちろん、ソウル、ヒップ・ホップといったジャンルのリスナーからも強い支持を得ているミシェル・ンデゲオチェロ。私も大ファンなのですが、この人の作り出す音楽は温もりと音楽への深い愛情が感じられると同時に、音はしなやかで高い技術に裏打ちされた圧倒的に気持ちの良いもので、聴いているとグイグイ引き込まれていきます。

前作は11年にリリースされたニーナ・シモンに捧げられた作品で、これは少し企画色の強いものだったので、今作がミシェル・ンデゲオチェロの現在形を確認する久しぶりの作品となります。現在公開されているのは『Continuous Performance』のスタジオ録音の映像だけですが、やはりミシェル・ンデゲオチェロ、素晴らしい曲に仕上がっています。爪弾かれるエレクトリック・ベースに導かれて、そっと囁くように歌い始めるミシェル・ンデゲオチェロは、目を閉じてマイクを握りしめ、歌への思いを曲に込めているようにみえます。抑えていながらもヴォーカルの説得力は圧倒的で、また徐々に入ってくるドラム、ギター、シンセサイザーのキレも抜群です。とくに多めの手数でグルーヴを作っていくドラムは必聴です。




もう一曲公開されている『Conviction』はもう少しロック寄りの曲ですが、この曲のドラムもめちゃくちゃ抜けの良い音でリズムを刻み、聴いていて非常に気持ちがいいです。開放的に広がっていくようなメロディが親しみやすい名曲です。

個人的にはミシェルのベースのファンなので彼女に弾いてもたかったのですが、曲自体は素晴らしい内容で、アルバムに期待が持てます。他に入っている情報だと、あのヒップ・ホップの古典ともいうべきフーディニの『Friend』をカヴァーしていたり、ネオ・ソウルな曲やレゲエ的な曲もあるとのことで、かなりの力作になっているのではないでしょうか。これはめちゃくちゃ楽しみです!アルバムの発売は2014/6/4です!











関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/05/21 09:00 ] Matt Walters Meshell Ndegeocello | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1842-5382aabc









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。