FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インターポールが4年ぶりの新作、『エル・ピントール』を9月にリリース!

インターポールが4年ぶりの新作、『エル・ピントール』を9月にリリース!


結成から既に17年が経過しようとしているのですね。米ニューヨーク出身のインターポールがニュー・アルバム、『エル・ピントール』を9月にリリース予定とのことです。

以前このブログで彼らのデビュー作である、『Turn on the Bright Lights』を取り上げさせていただきましたが、ニュー・ウェーヴの手触りを感じさせながらも、ヒリヒリと焼け付くような熱さを感じさせるインターポールの音楽は、個人的には初期のストロークスを思い起こさせられるもので、そういった意味ではニューヨークらしい、都会的なサウンドといっても良いかもしれません。

なんとなくまだ、“若手バンド”というイメージがあったので、結成17年という事実に少し驚かされました。現在はまだトレーラー映像が公開されているだけで音の傾向も分かりませんが、よりスケールの大きくなったドラマティックなサウンドになっていそうな予感もします。




ちなみに現在ネットで確認できる2014/6/3にToads Placeでのライヴでプレイされた新曲、『My Desire』と『All the Rage Back Home』からもそのダイナミズムを感じることはでき、これまでのニュー・ウェーヴよりもより普遍的なバンド・サウンドへ移行しているように思われます。

ゲストには前作のツアーから参加しているザ・シークレット・マシーンズのブランドン・カーティスのほか、ベック作品で知られるロジャー・マニング・ジュニア、ボン・イヴェールやアントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ作品にも参加するロブ・ムースといったメンツが参加しているとのことです。

大きな変化はあるのか、変化があるとすればどういった方向に向かっているのか、楽しみな新作です!




関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/06/23 09:00 ] ロック I~L Interpol | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1865-c0126ad3









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。