FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カナダのニュー・ソウル・ミュージシャン、ルーファスのアルバム『Growing Pains』が凄そう!

カナダのニュー・ソウル・ミュージシャン、ルーファスのアルバム『Growing Pains』が凄そう!




ルーファスというアーティストの名前を聞くのは初めてだったのですが、“現行ニュー・ソウルの傑作アルバム”というフレーズに惹かれて音を聴いてみると、これが良い!ということで紹介させていただきます。

ルーファスはカナダはトロント出身で、音楽的に恵まれた環境で育ち60〜80年代のソウルやジャズ、さらにはラテン音楽などに慣れ親しんだそうです。カナダでは自身がミュージシャンとしてパフォーマンスを行うだけでなく、多くのベテラン・ミュージシャンと制作をともにしたキャリアのあるアーティストです。

現在ネットで公開されているのは『Free』と『Growing Pains』の2曲で、これらの曲を聴くとルーファスのソウル・ミュージシャンが心地よいだけのものではなく、魂の底から湧き出てきたものだということが分かります。例えば『Free』のPVでは、悲惨な環境に陥ってしまった人物を描き、ラストでは“もしあなたがサポートを必要としているなら、迷わずにサポートを求めて”というメッセージが流れます。サウンドはキレのよいドラムを中心としたオーガニックなもので、ルーファスのヴォーカルも気持ちの良い伸びをみせるのですが、その裏に物語の暗さを感じさせるものがあります。徐々に熱を帯びたヴォーカルは、サビではメッセージを叩き付けるようなものになり、そのインパクトをより強烈にするようにドラムのブレイクが畳み掛けます。

『Growing Pains』の方はライヴ・パフォーマンスなのですが、こちらはもう少しソフトなサウンドになっていますが、同じくオーガニックな手触りがたまらなく気持ちの良い仕上がりです。キーボード、ベース、ギター、ドラムのどれをとっても素晴らしいです!




この2曲を聴いただけで、ルーファスというアーティストが才能溢れるアーティストだということは断言できますし、作品もきっと素晴らしいのでしょう。楽しみなアーティストに出会うことができました。アルバムは現在発売中です!







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/07/06 09:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1875-8d9b879a









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。