FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カーティス・メイフィールドを代表する名盤、『バック・トゥ・ザ・ワールド』が再発!

カーティス・メイフィールドを代表する名盤、『バック・トゥ・ザ・ワールド』が再発!




マーヴィン・ゲイ、ダニー・ハサウェイ、そしてスティーヴィー・ワンダーらと並んでニュー・ソウル・ムーヴメントの代表的なミュージシャン、カーティス・メイフィールド。そんな彼を代表する作品と言えばブラックスプロイテーションの傑作『スーパーフライ』、モッズの教典『カーティス』、『ルーツ』などがありますが、今回紹介させていただく73年の『バック・トゥ・ザ・ワールド』も非常に質の高い作品です。

この作品はベトナム戦争後の混沌としたアメリカの社会情勢を反映した、メッセージ性の強い作品ですが、そういった背景に横たわるものを抜きに単純に曲だけをみても素晴らしい作品だと思います。

まず、アルバムのオープニングを飾る『Back to The World』。ベトナム戦争から帰還した兵士が母国で生きていくことの大変さ、辛さを綴った歌詞は非常に重いのですが、サウンドが素晴らしい。キレの良いドラムのリズムを中心に、メロディアスなベース、ホーンによって生み出されるカーティスらしいしなやかでスムースなサウンドがたまりません。カーティス・メイフィールドによるソウル・ミュージックの最良の部分が現れた名曲です。




続いては一転、ファンキーなグルーヴが印象的な『Future Shock』。この曲はマイナー・ヒットを記録し、後にハービー・ハンコックが同名のタイトルの作品でリメイクしています。粘質なギターとカーティスのフィルセット・ヴォイスによる暑苦しくないファンク・ナンバー。

R&Bチャートで1位を獲得し、ポップ・チャートでも20位以内となるヒットとなった『If I Were Only A Child Again』はドラムとホーンが弾けるようなリズムを作り出すポップなナンバーで、ヒットとなったことがよく分かります。適度にファンキーで、適度にメロディアスな聴きやすいソウル・ナンバーですね。

アルバムのラストを飾るのはポジティブなサウンドが印象的な『Keep On Trippin’』。サビのヴォーカルとドラムによるブレイクがたまりません。こんな優しいフィルセットでブレイクなんて…さすがカーティス!

暗い時代背景を反映した重い歌詞の曲が多いのは確かですが、同時にカーティスのフィルセット・ヴォイス、そしてスウィートなソウル、グルーヴィーなサウンドを楽しめる充実した作品です。私的にはカーティスの作品の中で5本の指に入る名作だと思います。アルバムは現在発売中です!











関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/07/22 09:00 ] Babyface Curtis Mayfield | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1895-cebd2bbc









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。