FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なんとジャック・ホワイトがベックのライヴに飛び入り参加し、『ルーザー』を共演!

なんとジャック・ホワイトがベックのライヴに飛び入り参加し、『ルーザー』を共演!


もうこのタイトルだけで鳥肌が立ちますね!今年リリースした最新作『モーニング・フェイズ』が素晴らしかったベックですが、彼が時代の先頭を走り、最も輝いていたのは90年代中盤から後半でした。“ロックの未来はベックに託された”といっても過言ではない充実ぶりだったのです。そんなベックの知名度を一気に押し上げたのが94年にリリースされた『ルーザー』でした。

“俺は負け犬だ、なぜ殺してくれないんだ”という衝撃的な歌詞と、あらゆるジャンクをごちゃまぜにしてそこにポップのふりかけをまぶしたようなサウンドは、当時のリスナーの度肝を抜きました。

時代は変わり、現在ロックの未来を託されているのはこの男でしょう!ジャック・ホワイト!ヴィンテージにこだわるスタイルと、ロックとブルースに根ざしたガレージなロック・サウンドはリスナーから圧倒的な信頼を勝ち得ています。

そんな2人が共演し、しかも『ルーザー』をやったとなればどんな化学反応が起きたのか確認したいのがファンというもの。で、動画を見てみましたが、うん、楽しそう。ベックの盛り上がり振りがハンパなく、ちょっと微笑ましいですね。ジャックも演奏をエンジョイしていることが伝わってきますし、いいライヴですね。




この日ジャックは他に『Pay No Mind』と『Where It’s At』でもプレイしたようです。なんかこういうのって嬉しいですね。









関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/08/08 09:00 ] Animal Collective Beck | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1920-728532a2









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。