FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

通好みのブリティッシュ・ポップ・バンド、10ccのメロディ・センスが最も発揮された名作『愛ゆえに』がSHM-SACD形式で再発!

通好みのブリティッシュ・ポップ・バンド、10ccのメロディ・センスが最も発揮された名作『愛ゆえに』がSHM-SACD形式で再発!




イギリスはマンチェスターで結成され、72年にデビューしたバンド、10cc。グレアム・ゴールドマンとエリック・スチュワートというポップ職人コンビと、ロル・クレームとケヴィン・ゴドレイのサウンド・ギミックの達人によるグループで、質の高いブリティッシュ・ポップと、ユーモアに富んだサウンドで多くのポップ・マニアを虜にしました。

10ccの最大の成功作といえばロック史に残る名曲である『I’m not in Love』を収録した75年の3rdアルバム、『オリジナル・サウンドトラック』でしょう。架空の映画のサウンドトラックという10ccらしいコンセプトから生まれたこの作品は、『Une Nuit A Paris』という夢をみているような名曲が印象的でした。

翌年に発表された『びっくり電話』は“最も10ccらしい作品”との評価も高い、メロディとギミックが渾然一体となった名作です。

しかし、『びっくり電話』を最後にクレームとゴドレイの2人がバンドを去ることとなり、10ccは残ったゴールドマンとスチュワートによって引き継がれていくのです。

2人でファンを満足させられる音楽を作ることが出来るのか?この不安は周囲のものだけではなかったでしょう。事実スチュワートは「私たちはただの5ccではないということをレコード界に証明するため、今までにない大きな挑戦があった」と回想しています。そんな状況のなかリリースされた『愛ゆえに』はファンを十分に納得させるだけのクオリティを持つ作品でした。

これまでの作品と比べると遊び心が減った感は否めませんが、その分2人のメロディー・メーカーとしての資質を味わうことのものとなり、アルバムからは『The Things We Do for Love』全英シングル・チャートの6位となるヒットとなりました。




この曲もそうですが、本作では美しいメロディとコーラスというものが際立った曲が前半に多数収録されています。例えばイントロのハードなギターとマイナー調のコーラスが異様に耳に残る『Good Morning Judge』、メロディの美しいイントロから始まり美メロのオンパレードな『Marriage Bureau Rendezvous』、後期ビートルズを彷彿とさせる『People in Love』などなど、捻りが効いていて、苦味があって、相当なスキルがないと作ることの出来ないポップ・ナンバーばかりです。

一方後半には、『Modern Man Blues』や『Honeymoon With B Troop』、『You’ve Got a Cold』などは少し初期の10ccの遊び心を感じさせてくれるナンバーが並んでいます。

そしてラストを飾るのは11分を超える超大作、『Feel the Benefit, Pt. 1-3』です。次々と場面を変えながらポップの波が続けざまに押し寄せてくる、めくるめくポップ・ワールド!この曲を聴いていると夢の中にいるような気分になります。

10ccの作品はどの作品も個性があって良いのですが、個人的にはこの作品が最も好きです。余談ですが高校生の時の誕生日に姉にねだって買ってもらった思い出の作品でもあります。アルバムは現在発売中です!







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/08/05 09:00 ] ロック #~D 10cc | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1922-55f5487e









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。