FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キンドレッド・ザ・ファミリー・ソウルの『カップル・フレンド』はどうだったのか?

キンドレッド・ザ・ファミリー・ソウルの『カップル・フレンド』はどうだったのか?




毎回濃い内容の作品でソウル・ファンを満足させてくれるキンドレッド・ザ・ファミリー・ソウル。新作『カップル・フレンド』がリリース前に先行公開された『Everybodys Hustling』が相当良かったのでこのブログでの紹介させていただきましたが、今回はアルバム全体を聴いてみての感想を書かせていただきます。

一曲目『Get It, Got It』からキンドレッドらしい熱いソウルがほとばしるナンバーでぐっときます。それにしてもAjaとFantinの夫婦のヴォーカルの相性は素晴らしいですよね。スムースでリッチなAjaの女性ヴォーカルと、塩辛さがたまらないFantinの男気ヴォーカルの掛け合いから耳を離すことができません。圧倒的なコンビネーション。『Drop the Bomb』も似た構成の曲ですね。

そんなAjaの素養が存分に活かされているのがメロウな『Call Me Crazy』。この甘く切ないメロディに彼女の声がぴったりと合っています。ただ、Fantinのヴォーカルが中盤をしっかり引き締めてこそなのですが。

グルーヴィーなリズムがたまらないソウル・ナンバー『Lovin’ the Night』もいいですし、フリー・ソウルといっても良い爽やかなソウル・ナンバー『Never Loved You More』も繰り返し聴きたくなる曲です。また、冒頭からスクラッチが炸裂し、後半にはラップも登場する『Here We Go』はキンドレッドには珍しいタイプの曲です。

アルバムのタイトル曲である『A Couple Friends』はピアノの演奏をメインに2人が歌い上げる曲で、ヴォーカルの作り出す世界のスケールの大きさに圧倒されます。2人の力量、そして抜群のコンビネーションに脱帽です。




アルバムのラストはオーガニックなソウル・ナンバー『What I’ve Learned』。これまでの熱いソウルをゆっくりと冷ますような、優しいナンバーです。

今作でも夫婦のヴォーカル・コンビネーションが素晴らしく、また曲もしっかりと練られたものが多く非常に楽しんで聴くことができました。これまでのキンドレッドの作風から大きく変更はありませんが、この安定感が最高です。アルバムは現在発売中です!










関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/08/22 09:00 ] Jamie Woon Kindred the Family Soul | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1929-3f1c89af









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。