FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベス・オートンというミュージシャンの才能に震える名作、『セントラル・リザベーション』が再発!

ベス・オートンというミュージシャンの才能に震える名作、『セントラル・リザベーション』が再発!




ベス・オートンは本当に素晴らしいミュージシャンだと思います。今回再発された『セントラル・リザベーション』を聴いていただければ、その才能の高さに驚かれると思います。

私が初めて聴いたベス・オートンの作品が99年にリリースされた3rdアルバムの本作でした。それまでは“ケミカル・ブラザーズの作品に参加した”ということを知っている程度だったので、てっきりエレクトリックな要素が強いのかと思っていたのですが、アコースティックなサウンドが中心でまずそこにビックリしました。

ベス・オートンは元々はウィリアム・オービットとのユニット、“Spill”でデビューしたのですが、すぐにソロとなっています。そして作品をリリースしながら95年に前述したようにケミカル・ブラザーズの1stに参加します。彼らがベスを起用したのも彼女のヴォーカルの魅力によるものでしょう。本作でもアコースティックなサウンドに彼女の歌が入ることで一気に景色が変わるような、そんな圧倒的な存在感を放っています。

個人的に推したいのは、ジョニ・ミッチェルを彷彿とさせるフォーキーなナンバーの『Sweetest Decline』。シンプルなサウンドが奏でるメロディは聴き込むほどに輝きをましていくタイプのもので、さらにベスのヴォーカルも奇跡のような魅力を放っています。一聴して名曲!と感じる曲ではないかもしれませんが、生涯聴き続けられる曲だと思います。

同じようなサウンドでこちらも素晴らしいのが『Pass In Time』。この曲はあのテリー・キャリアーをフューチャリングしてのものなので素晴らしいのも当然かもしれませんが、後半にテリーの歌声が入ってきたときのカタルシスときたら!それぞれに奇跡のような歌声を持つ2人の声が混ざり合ったときのマジック!




ベン・ハーパーがスライド・ギターで参加した『Stolen Car』はダークなサウンドによってベスの声の力強い側面が引き出されています。曲調とスライド・ギターの相性もバッチリ!

イントロのエレクトリックなビートで“あれ!?”と思い、聴き進めると“もしや?”と思う『Stars All Seem to Weep』は予想通りエヴリシング・バット・ザ・ガールのベン・ワットのプロデュースでした。クールでハイセンスなサウンドをバックに歌うベスの声はいつもよりも冷ややかな感じがして、これまた違った魅力を感じます。また、普通ならトレイシー・ソーンのヴォーカルが乗るところにベスの声が、というのもいいですね。ベン・ワットは『Central Reservation』のリミックスもしており、私はオリジナルよりこちらの方が好きです。

声の強さが最も出ているのが、もはやブルースと呼ぶのが相応しい『Devil Song』。ロバート・ジョンソンは悪魔と取引をしあのギター・テクニックを手に入れたという話しがありますが、ベスも悪魔と取引したのではと思わせるとてつもない情念が込められた歌声です。必聴。

その次には、しっかりと心を穏やかにしてくれるフォーキーなメロディがたまらない『Feel to Believe』が配されています。この風に吹かれてどこまでも飛んでいくようなメロディの美しさ。これも間違いなく名曲。

改めて聴き返してみて、これは名盤だと思いました。フォークを中心に様々なタイプの曲がありますが、そのどれもでベスのヴォーカルは恐ろしいほどの輝きを放っています。音楽が好きなら絶対に聴いていただきたい作品です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1951-024999d8









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。