FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソウル・オブ・ミスチーフの『There Is Only Now』はどうだったのか?

ソウル・オブ・ミスチーフの『There Is Only Now』はどうだったのか?




93年に歴史的名盤『93 'til Infinity』をリリースした、ソウル・オブ・ミスチーフと、ゴーストフェイス・リラーデルフォニックスの素晴らしい作品をプロデュースしてきたエイドリアン・ヤングとの合体ということで注目していた作品、『There I Only Now』がリリースされましたので、その感想を書かせていただきます。

結論から言えば今年リリースされるヒップ・ホップの作品の中でも上位に入るクオリティでしょう。アルバム全体を通してエイドリアン・ヤングらしいファンキーでダーティーなサウンドが展開され、それに全く引けを取らないソウル・オブ・ミスチーフのラップが絡むというゾクゾクしまくりの内容です。

ア・トライブ・コールド・クエストのメンバーとして知られるアリ・シャヒード・ムハマッドのイントロから始まり、シンプルなサウンドながら乾いたドラムの音がたまらなくかっこいい『Time Stopped』、バスタ・ライムズをフューチャーした拳銃の音が不穏な空気を一層煽る『Womack’s Lament』、シンプルなバックトラックによってラップ・スキルの高さが浮き彫りとなった『Panic Struck』、小気味よいドラムのリズム、ギターやホーンなどからソウル臭を強く感じる『All You Got Is Your Word』、哀愁漂うメロディが耳に残る『Stone Cold』、イントロの声からファンキーなサウンドになることが予感でき、実際メロディアスなベースが最高な『Ghetto Superhero』など気になる曲を挙げたらきりがありません。

その中でも最も注目すべきはアルバムのタイトル・トラックであり、スヌープをフューチャリングした『There Is Only Now』でしょう。ドラムのサウンドは他の多くの曲と同じようにまさにエイドリアン・ヤングという埃っぽい音で最高なのですが、スヌープのラップの存在感!やはり格が違う!スヌープのラップが始まった途端に明らかに空気が変わります。非常にソウルフルなナンバー。




また、生演奏っぽいサウンドが新鮮な『Meet Womack』のサウンドも新鮮でいいです。

全ての曲が高いクオリティを持つ、間違いなく今年を代表する一枚であり、ヒップ・ホップの黄金時代が愛しているヘッズなら必聴の一枚です!アルバムは現在発売中です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1959-aae9fc79









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。