FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジュリアン・カサブランカ、新作『ティラニー』より『Human Sadness』を公開!

ジュリアン・カサブランカ、新作『ティラニー』より『Human Sadness』を公開!




ジュリアン・カサブランカの動向は気になりますね。ストロークスで01年にシーンを揺るがす名盤『イズ・ディス・イット』で衝撃のデビューを飾り、その後多少失速した感はありましたが、09年には素晴らしいソロ・デビュー作『フレイゼズ・フォア・ザ・ヤング』をリリースし、また11年にはストロークスの復活を告げる『アングルズ』をリリースしています。

そのジュリアン・カサブランカが5年振りのソロ・アルバムをリリースするというのです、気にならない訳がない!ということでアルバムに先駆けて公開された『Human Sadnedss』を聴いてみたのですが、これはアルバムの内容が気になる作品となりそうです。




というのも『Tyranny(暴政)』というアルバム・タイトルについてジュリアンは、現代は企業による支配体制がしかれており、なによりもビジネスが優先される環境にあるといった内容のことを述べており、さらに新作が70年代から80年代にかけての世界各地のアンダーグラウンド・ミュージックやハードコア、あるいはパンクに触発されたないようになっていると話しています。

アーティストがこういった問題意識に突き動かされて作品を作るときは、非常に難解な作品となることも多々あり正直不安でもあります。実際『Human Sadness』は11分にわたる長尺のナンバーとなっています。ただ、『Human Sadness』はこれだけの長さをもちながら決して実験的なだけの難解なものにはなっておらず、むしろこれまでストロークス、ジュリアン・カサブランカの音楽を好きなリスナーであればすんなり入っていけるサウンドとなっています。これだけの時間の曲を集中力を切らさずに聴かせるというのはとんでもないことです。そう考えると新作は歴史に残るような作品になる可能性もあると思います。

次の曲が公開されるのが楽しみですね!アルバムの発売は2014/10/15です!





関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/09/19 09:00 ] Jesse Winchester Julian Casablancas | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1960-f03e33a3









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。