FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

きたきたきたきた〜〜〜〜!!!ELOが28年振りのライヴを行い、再結成の可能性も!

きたきたきたきた〜〜〜〜!!!ELOが28年振りのライヴを行い、再結成の可能性も!




このブログでも何度も取り上げさせていただいている大好きなグループELO。そのELOが9月14日にロンドンのハイド・パークで行われたBBCラジオ主催のフェスティバルで28年振りのライヴを披露しました。

やはり気になるのはプレイされた曲目ですが、出だしは『Roll Over The World』でした。この日はストリングスのアレンジをBBCオーケストラが務めたということで、一曲目をプレイしたあとジェフ・リンは「すごいね、ちょっと信じられないよ。こんなスケールでライヴはあまりにも久しぶりなもんだから、自分でも信じられないくらいだよ」と述べたとのことです。

それ以外に、『Evil Woman』、『Livin’ Thing』、『Sweet Talkin’ Woman』、『Turn to Stone』、『Mr. Blue Sky』などのヒット曲に加え、ジョージ・ハリスン、ロイ・オービソン、トム・ペティ、ボブ・ディランと組んだトラヴェリング・ウィルベリーの『Handle with Care』もプレイされたとのことです。

動画では『Mr. Blue Sky』が公開されており、私の最も好きな曲なので期待と不安を持って聴いたのですが、最高の一言!イントロが始まった瞬間に“うぉ〜〜〜”という歓声!そして大合唱!ドラマーが黒人の方で、ELOの曲にしては少しドラムが重過ぎる感はありますが、ジェフ・リンの透き通る歌声は全く衰えていないですし、BBCオーケストラの姿は圧巻です。曲の持つ力もあると思いますが、かなり年齢の高いミュージシャンが幸せそうにプレイしている姿がジンときて思わず涙がこぼれました。こんなに温かくて幸せなライヴは久しぶりです。絶対再結成して!





この際ということでELOの11枚のアルバムがボックス・セットになった、コストパフォーマンス抜群のこちらを!







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1969-ad26489d









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。