FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ザ・クークスの新作『Listen』はどうだったのか?

ザ・クークスの新作『Listen』はどうだったのか?




11年に『ジャンク・オブ・ザ・ハート』をリリースして以来、3年振りとなったクークスのアルバム『Listen』。『ジャンク・オブ・ザ・ハート』があまり充実したものではなく、いよいよクークスも終わっていくのかなと思っていたところに、『Listen』から先行公開された曲が素晴らしく良いものばかりで、俄然新作への期待が高まっていました。

アルバムは跳ねるようなビートが印象的な『Around Town』からスタートします。それにしてもドラムの音がいいですね!気持ちよく抜けていきます。そしてベースもどっしりとしており、この2つでリスナーを高揚させるグルーヴを生み出しています。ヴォーカルが入ってからの音数を削ぎ落としたところもドラムがしっかりしているので全く音が薄い印象はありませんし、そのあとヴォーカルのみになる展開なんて余程自分たちのサウンドに自信がないとできないことでしょう。この辺りからもバンドがいかに乗っているかが窺えます。




続いてもドラムが素晴らしいグルーヴを生み出してくれる『Forgive & Forget』、そして『Westside』を挟んで、ピアノの弾き語りでスタートするバラード『See Me Now』です。アルバムから先行公開されていたのがノリの良い曲ばかりだったのでバラードは新鮮ですね。メロディにもう少し捻りがあればもっと良かったのでしょうが、コーラスを効果的に使って盛り上がる構成になっています。

It Was London』はギターの奏でるメロディがとにかく頭に残るノリノリのナンバーで、現在のクークスはこの手のサウンドが一番しっくりくるんだということを実感します。

そしてアルバムから2番目に先行公開され、聴いた途端にノックアウトされた超強力なロック・ナンバー『Bad Habit』、普通のロックを超えた実験的なリズムが最高に刺激的な『Down』。

タイトルに惹かれた『Are We Electric』はシンセサイザーが活躍する曲で、エレクトリックな要素を上手く取り入れクークスらしいグルーヴィーなロック・ナンバーに仕上げています。

Sunrise』もリズムが相当に工夫されている興味深いナンバーですし、アルバムのラスト『Sweet Emotion』もシンプルにメロディを聴かせる構成ではありますが、やはりリズムはかなり練られているのが感じられます。

今作はこれまでのクークスのサウンドから大きな転換を図った作品で、クークスにとってターニングポイントとなる作品でしょう。それがどうだったかといえば、勇気をもって新しいサウンドを切り開いたことによってクークスはさらなる高みへ進んだと言えると思います。とにかくサウンドがアイデアに富んでいて聴いていて全く飽きることがありません。また、グルーヴも強力で、これは試行錯誤を重ねていくなかで自分たちのオリジナルなグルーヴを獲得したということだと思います。

これは聴くべき作品ですね!











関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/10/25 09:00 ] Jesse Winchester The Kooks | TB(0) | CM(2)

せんすん様 こんにちは

このグループはyoutube動画のチェックで見つけていたのですが、
その時はもう一つ惹きこまれませんでした。
「Bad Habit」だったかな、もう一つインパクトが足りない感じがして。

しかし。
なるほど、リズムに重点を置いて工夫しているのですね。
色んな曲を聴くうちにかなりハマってしまいました。
買ってみようと思います。
[ 2014/10/25 11:46 ] [ 編集 ]

クークスの復活作となる作品だと思います

GAOHEWGIIさん

いつもコメントありがとうございます。
本文中にも書かせていただきましたが、
一時期失速していたクークスが、新たな
サウンドと出会い再び勢いを取り戻した
作品だと思います。とくにリズムの強さは
特筆ですね!

ぜひアルバムを通して聴いてみて下さい!
[ 2014/10/27 12:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1970-e2e20cab









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。