FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クール・キースが96年にリリースした名盤『Dr. Octagonecologyst』がアナログリリース!

クール・キースが96年にリリースした名盤『Dr. Octagonecologyst』がアナログリリース!


CDの売り上げが落ちる一方で実は売り上げを伸ばしているのがLPなのです。アメリカ・アマゾンはLPの取り扱いを拡大しています。ハイレゾが騒がれたりしていますが、より良い音を求めるリスナーにとってアナログは永遠のマスターピースなのかもしれません。

そういった流れを受けてアマゾンでのLPリリースが増加していますが、今回紹介させていただくのはクール・キースがDr.オクタゴンと名乗って96年にリリースした作品『Dr. Octagonecologyst』です。

クール・キースといえば伝説のラップ・グループ、ウルトラマグネティックMC’sに所属していた天才ラッパーなのですが、天才であると同時にドスケベで変態というたまらないキャラを持っています。

このブログでも幾つか取り上げさせていただいているのですが、変名を使い作品を次々とリリースするので彼の作品全てをカヴァーするのは非常に困難です。

そんな数多くのクール・キースの作品で私が最高傑作だと思うのがクール・キースのソロ・デビュー作となった『Dr. Octagonecologyst』です。プロデューサーをダン・ジ・オートメーターが務め、退廃的で近未来的なサウンドを作り上げています。このサウンドはデルトロン3030のデビュー作と非常に近いですね。

そんなアブストラクトでエレクトリックでサイケデリックなヒップ・ホップ・サウンドをバックにDr.オクタゴンが卓越したスキルのフロウを聴かせます。その格好良さが最も伝わるのが『No Awareness』ではないでしょうか。聴いているとDr.オクタゴンのラップにズブズブと惹き込まれていく名曲です。




個人的には『3000』、『Real Raw』、DJ Q-Bertのスクラッチが炸裂しまくる『Bear Witness』などが好きですが、特に『Blue Flowers』の狂ったようなサウンドにはゾクゾクします。この作品はアナログで聴いたらたまらないでしょうね!

アルバムは現在発売中です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/11/09 09:00 ] ヒップホップ #~D Dr. Octagon | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/1996-95fa9f4e









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。