FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェフ・リンの名盤『アームチェア・シアター』がボーナス・トラックを追加して再発!

ジェフ・リンの名盤『アームチェア・シアター』がボーナス・トラックを追加して再発!


【送料無料】 Jeff Lynne / Armchair Theatre 【SHM-CD】

【送料無料】 Jeff Lynne / Armchair Theatre 【SHM-CD】
価格:3,086円(税込、送料込)



このブログで名盤として紹介させていただいているジェフ・リンの『アームチェア・シアター』ですが、少し前にボーナス・トラックを収録したバージョンがリリースされたので、それについて書かせていただきます。

この作品はELOで一時代を築いたジェフ・リンが、しばらくの期間をおいてリリースした1stソロ・アルバムで、ELOのようなダイナミックなサウンドを期待していたファンは肩透かしを喰うものとなったかもしれませんが、とにかく素晴らしい曲しか収録されておらず、ジェフ・リンという類い稀なるソングライティング能力を持つミュージシャンの魅力が全開された作品で、私は個人的に名盤だと思っています。

オリジナル・アルバムに収録された曲については以前書かせていただいたので、今回はボーナス・トラックに絞って書かせていただきます。

まずは『Borderline』。カントリー色の強いほのぼのとした曲で、愛すべき佳曲といったところです。続いて『Strange Magic (Live From Bungalow Palace)』です。この曲はELOが75年にリリースした『Face the Music』に収録されていたナンバーで、ここではライヴで披露されたアコースティック・ヴァージョンを聴くことが出来ます。ジェフ・リンらしい哀愁を含みながらもドラマティックなメロディを堪能することができます。素晴らしい!




そしてラストを飾るのが『Forecast』。こちらもジェフ・リンらしいメロディを聴くことのできるナンバーとなっており、中盤からドラムが入ってきて曲の深みが増すあたりはいかにもジェフ・リンといった感じですが、『Strange Magic』と比べると少し部が悪いですね。

『アームチェア・シアター』は本当に愛聴した作品だったので、その時期のアウトテイクと聞いて心踊っていたのですが、内容は確かにアウトテイクといった感じで、ファンなら楽しめるがとりたてて騒ぐほどものでもないと思います。ただ、私はジェフ・リンの大ファンなのでやっぱり嬉しかったです。







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/11/20 09:00 ] James Jeff Lynne | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2014-03afbe2b









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。