FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

再結成、解散を繰り返しているカリスマ・ロック・バンド、フェイス・ノー・モアが新曲『Motherfucker』を公開!

再結成、解散を繰り返しているカリスマ・ロック・バンド、フェイス・ノー・モアが新曲『Motherfucker』を公開!


“フェイス・ノー・モア”、ご存知の方はもうあまり多くはないかもしれませんが、1979年から二度の解散を経ながらも現在も活動を続ける大ベテラン・バンドで、グラミー賞やMTVアワードにもノミネートされたことのあるバンドです。

彼らの音楽性はあまりに様々なジャンルの音楽が混じり合っており表現が難しいのですが、ファンク、ヒップ・ホップ、ソウル、ヘヴィー・メタル、プログレ、ハードコア・パンクなどが主要な要素になっています。彼らが影響を受けたバンドとして挙げているのは、キリング・ジョークやPILなどです。

今回公開されたのは来年にリリースが予定されているニュー・アルバムに収録される予定のナンバーで、11月28日にシングル・リリースされた『Motherfucker』という曲です。

もうタイトルがあんまりすぎて笑うしかないのですが、曲もやっぱりフェイス・ノー・モアらしいぶっとんだものになっています。ゴシックな感じでスタートし、デス・メタルのような声のラップ・スタイルなヴォーカルが入り、さらにマイク・パットンが歌い上げるというもう読んだだけでは訳が分からないであろう構成です。

ただ、曲としては聴いていてゾクゾクくるものがあり、特にサビでのアジテーションはリスナーを力でねじ伏せるような、有無を言わさぬ圧倒的な迫力があります。




来年アルバムがリリースされれば実に18年振りとなるのですが、フェイス・ノー・モアは未だに唯一無二の存在だと再確認させてくれるナンバーです!




関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/12/14 09:00 ] Eurythmics Face No More | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2040-e4fddcc0









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。