FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メソッドマンが94年にリリースしたデビュー作にして名盤『Tical』のデラックス・エディション!

メソッドマンが94年にリリースしたデビュー作にして名盤『Tical』のデラックス・エディション!




以前お伝えさせていただいたメソッドマンの『Tical』、デラックス・エディションに収録されたボーナス・トラックについて書かせていただきます。

まずはオリジナル・アルバム中で私が最も好きなナンバー『Release Yo’Delf』のプロディジーによるリミックスですが全く新しい曲に生まれ変わっています。非常にプロディジーらしいサウンドで、これはこれでありだと思いますがやはりオリジナルの方が数段好きですね。さらにNew Bloodによるリミックスですが、こちらはドラムンベースのような仕上がりで面白いですね。それにしてもリミックスを聴くと改めてメソッドマンのラップがどれだけ突出しているのかがよく分かります。どんなサウンドがきても全く印象が衰えることがありません。

そしてめちゃくちゃ楽しみだったオリジナル・アルバムからのアウトテイク『I’ll Be There for You / You’re All I Need to Get By』です。プロデューサーはもちろんRZAでヴォーカルでメアリー・J・ブライジが参加しています。確かにあの頃のRZAらしいサウンドが聴け、サックスなんかを入れている辺りは珍しいのですが、確かにちょっと印象は弱いですね。この曲に関してはパフ・ダディのリミックスの方がピンときました。

そしてもう一つの目玉、『Bring The Pain』のケミカル・ブラザーズのリミックスです!細かいところの作り込みや曲の変化などやっつけではない力の入り具合が感じられ、聴きごたえのある仕上がりになっています。




さらにもう1曲の未発表曲『The Riddler』。アウトテイクだけに『Tical』らしいダーク・ホラーな空気たっぷりでなかなかの内容です。

ラストはリル・ジョンによる『Wings of The Morning』のDynamik Duoミックスです。まあお楽しみ程度ですね。

ディスク2を聴き終えて特に購入する必要のあるものだとは思いませんでした。『Tical』という名盤に関連するものだとつい気持ちが動いてしまいますが、この程度であればオリジナルをしっかり聴いていれば問題ないですね。





いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2079-80c59221









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。