FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英国ポップの至宝、スクイーズが80年にリリースした3rdアルバム『アージーバージ』が廉価再発!

英国ポップの至宝、スクイーズが80年にリリースした3rdアルバム『アージーバージ』が廉価再発!


Squeeze スクイーズ / Argy Bargy 【CD】

Squeeze スクイーズ / Argy Bargy 【CD】
価格:1,080円(税込、送料別)



先日は2ndアルバム『クール・フォー・キャッツ』を紹介させていただいたスクイーズ。英国バンドらしい捻りが効いていながら色褪せない輝きを放つポップ・ソングの数々を生み出してきたグループで、私の永遠のフェイヴァリット・バンドです。

そんな彼らが『クール・フォー・キャッツに続いてリリースしたのが『アージーバージ』です。『クール・フォー・キャッツ』に比べ実験性は減退し、代わりにメロディがさらに磨かれた作品で、個人的にはスクイーズの作品の中でも上位に入るクオリティだと思っています。

まずオープニングの2曲。歌いだしから涙の琴線に触れるような歌声とメロディが心の奥を打ち抜く『Pulling Mussels (from the Shell)』。中盤のピアノがでるあたり、前作からだいぶ音の傾向に変化がみられますね。そしてイントロのギター・リフが否が応でもワクワク感を盛り上げる『Another Nail in My Heart』。メロディは抗うことが許されないクオリティで、中盤のギター・ソロもたまらない!



続く『Separate Beds』は前述の2曲に知名度こそ劣りますが、抑揚の少ないAメロから一気にポップに展開していくサビの流れに強いインパクトを受ける佳曲です。

Misadventure』は決して分かり易いポップ・ソングではありませんが、捻りの効いた非常にスクイーズらしいナンバーです。エッジの立ったビート・ナンバー『Farfisa Beat』、サビのメロディがさすがと思わせる『Vicky Verky』、初めてこのアルバムを聴いたときに最も耳に残った曲『If I Didn’t Love You』、なんとなくBOOWYの『ホンキー・トンキー・クレイジー』を連想する『Wrong Side of the Moon』、『There at the Top』などもスクイーズの魅力が良く現れた曲だと思います。その中でも『I Think I’m Go Go』は捻りが強い曲ですね。キャッチーという言葉からは程遠いのですが、なにか惹き付けられる不思議な曲です。

実験性/遊びの要素の強い『クール・フォー・キャッツ』、より曲のクオリティに向き合った『アージーバージ』、人によって好みはあるでしょうがどちらの作品もスクイーズというバンドの素晴らしさが存分に発揮されています。これが英国ポップだ!という作品をぜひ聴いてみてください!

アルバムのリリースは2015/3/18です!








関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/03/06 09:00 ] The Skids Squeeze | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2118-269b79e9









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。