FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャイルス・ピーターソン絶賛のソウル/ジャズ・シンガー、ジャロッド・ローソンが限定EP『Soul Symphony / The Point of It All』をリリース!

ジャイルス・ピーターソン絶賛のソウル/ジャズ・シンガー、ジャロッド・ローソンが限定EP『Soul Symphony / The Point of It All』をリリース!




先日このブログでも紹介させていただいたジャロッド・ローソン。あのジャイルス・ピーターソンが絶賛したことで大きな話題となりましたが、それ以外でも沖野修也がホストを務めるラジオ番組“Jazz Ain’t Jazz”での音楽賞で最優秀新人賞、最優秀男性ヴォーカル賞を受賞、さらに“白いディアンジェロ”や“ディアンジェロ・ミーツ・スティーリー・ダン”などと最大限の賛辞を受けたりもしています。

それだけ評価を受けるのはやはり音楽の良さがあってのことで、今回のEPのオープニング・ナンバーであり、デビュー作から収録されている唯一の曲でもある『Everything I Need』。このライヴ映像をみて第一に感じることは、“ダニー・ハサウェイ!”です。とにかく声が素晴らしく、ヴォーカル能力もとんでもなく高いのですが、それよりもなによりも心に届く歌声。様々な感情が複雑に溶け込んだこの声は神様からの贈り物としか言いようがありません。

そして新曲『Soul Symphony』。キーボードの素晴らしいのですが、やはりなによりもヴォーカルです。柔らかくメロディに溶け込んでいくこの歌声はソウル史に残るレジェンドが持っていたマジックと同種のものです。個人的にはスティーヴィー・ワンダーを思い出しました。

これらの2曲を聴いただけでもジャロッド・ローソンというミュージシャンがいかにとんでもないミュージシャンかお分かりいただけると思います。このEPは限定ということで入手が困難かもしれませんが、まずはデビュー作である『  』を入手してこの歌声に触れてみて下さい。この才能は無視できない!



関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/03/03 09:00 ] Jamie Woon Jarrod Lawson | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2125-6ea9c2eb









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。