FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハーツのデビュー作『Daydreamer』はどうだったのか?

ハーツのデビュー作『Daydreamer』はどうだったのか?




以前このブログで紹介させていただいたハーツ。あのプリンスやクエストラヴが絶賛したり、ジミヘンの『Purple Haze』を全ての楽器を自分で演奏してカヴァーしたりと大きな話題となっていました。実際アルバムに先駆けて公開された曲も素晴らしい内容でアルバムへの期待が高まっていましたが、期待通りのアルバムだったといえるでしょう。

アルバムのオープニングを飾るのは泥臭いハードロック・ナンバー『Red & Blue』。エレキギターとヴォーカルで作り上げられているといっても過言ではないほどシンプルな構成なのですが、とにかくギターの音がめちゃくちゃかっこいい!音だけでここまで聴かせられるミュージシャンはほとんどいないでしょう。後半のギター・ソロは圧巻!プリミティブなサウンドが格好良すぎる名曲です。




続いての『Leave It All Behind』は一転してエレクトリックなリズムに乗ったグルーヴィーなナンバーです。“プリンス x ジミヘン x ダフト・パンク”などと表現されたりしていましたが、この曲はまさにそんな曲ですね。ギター・サウンドもディスコを思わせるキラキラしたものになっており、否が応でも腰が動きます。サビの後のギター・ソロではアドレナリンが噴出すること間違いなし!

先行公開されていた『Lovers In Bloom』を挟んで『Angels Walk Below』もディスコ色の強いナンバーで、ハーツのフィルセットがさらにその空気を高めます。

これまでの展開から一転、前半はほぼアカペラなバラード『Under Falling Skies』はシンプルな構成故に曲の持つ力が際立つ、聴き込むほどに深く胸に響く強力なナンバーです。

『Feather』もハーツの魅力が存分に発揮されたナンバーです。とにかくキャッチーなメロディとギターで刻まれるリズムの求心力が強すぎる!ハーツらしい素晴らしい曲ですね。

アルバムのラストを飾るのは8分を超える壮大なナンバー『Last Two Three』です。“Daydream”というアルバムのタイトルを具現化したような曲で、静かなバラードからスタートし、ドラムが炸裂するドラマティックな盛り上がりを経て、分厚いシンセ・サウンドへと展開し、最後に満を持してギターが爆発する、もうハーツの様々な側面に一つずつスポットを当てていくような構成なのです。この曲を聴き終わり、全て満たされて再び白昼夢へ。

デビュー作とは思えないクオリティ、全てにおいて質が高いのですが、やはりギターの才能がハンパないです。ブルージーなギターを弾かせても、ファンクっぽいものも、ディスコティックなものも、全てが付け焼刃でないどころか圧倒的な説得力を持っています。本当に聴き惚れてしまう音でした。これは絶対にお薦めの作品です!






関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/03/20 09:00 ] Foster the People Harts | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2139-9a316f0a









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。