FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャイルス・ピーターソン絶賛というのも頷けるとんでもない才能、ジャロッド・ローソンの限定EP『Jarrod Lawson at the BBC』!

ジャイルス・ピーターソン絶賛というのも頷けるとんでもない才能、ジャロッド・ローソンの限定EP『Jarrod Lawson at the BBC』!




先日紹介させていただいたジャロッド・ローソン。“白いディアンジェロ”、“ディアンジェロ・ミーツ・スティーリー・ダン”などとこれ以上ないくらいの賛辞を受けている彼ですが、実際に音を聴いてみて完全に納得しました。このときは新曲『Soul Symphony』と『Everything I Need』のエクステンド・バージョンを聴いてだったのですが、ダニー・ハサウェイを連想させる声質で、真のソウル・シンガーのみが持つマジックがそこに宿っていたのです!スキルももちろん大切なのですが、このマジックを持つシンガーはそうそう見つかるものではありません。

それ以来完全にジャロッド・ローソンの虜になっているのですが、今回は『Jarrod Lawson at the BBC』に収録されているもう2曲を。まずはビラルのカヴァーである『When Will You Call』。やはりダニー・ハサウェイに似てますね。ピアノの弾き語りですが、曲全体から芳醇なソウルが香り立っていて至福の時間へと誘ってくれます。




そしてアンソニー・ハミルトンのカヴァーである『The Point of It All』。これはキーボードとギターですが、ソウルにはキーボードの温かい音色が本当に良く合いますね。こちらもジャロッド・ローソンの魅力が全開となった名演です!

本当にこの人は素晴らしい!ジャロッド・ローソンは絶対に聴くべきアーティストです!『Jarrod Lawson at the BBC』は現在入手できないのでこちらを







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/03/21 09:00 ] Jamie Woon Jarrod Lawson | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2140-698cdc7b









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。