FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オール・タイム・ロウ、4月リリースの新作『Future Hearts』より『Kids in the Dark』を公開!

オール・タイム・ロウ、4月リリースの新作『Future Hearts』より『Kids in the Dark』を公開!




キャッチーなメロディとアイドル並みのルックスで日本のファンも多い、米メリーランド州ボルティモア出身のオール・タイム・ロウ。バンド名をニュー・ファウンド・グローリーの曲名から取ったり、バンドの初期はブリンク182のカヴァーをしていたというエピソードから分かるように、キャッチーなメロディが魅力のポップ・パンク・バンドです。

これまでに5枚のアルバムをリリースしており、3rdから5thアルバムは全米アルバム・チャートで10位以内に入る売り上げを記録しており、12年からはインディに移ったとはいえその人気は確固たるものがあります。

そんな彼らの情報の中でも最も私にアピールしたのが、11年にリリースされたメジャー・デビューとなった4thアルバム『Dirty Work』からの1stシングル『I Feel Like Dancin’』がウィーザーのリヴァース・クオモとの共作ということです。リヴァースが一緒に作るなんて、絶対にいいバンドじゃん!そう思ってしまいました。実際いい曲だったのですけどね。

そして3年振りにリリースされる『Future Hearts』から『Kids in the Dark』が公開されました。完成度の高い曲ですね。抜けの良いドラムは気持ちいいですし、ポップに刻むギターも耳に馴染みますし、コーラスもセンス良く配置されていて隙がありません。これまでオール・タイム・ロウが好きだった方なら間違いなく気にいるものになっていると思います。




ただ、ここで一つ言っておきたいのは、決して期待を上回る内容のものではないということです。グッドメロディを書くことの出来るポップ・パンク・バンドは山ほどいます。そのなかでも飛び抜けた実力があったからこそオール・タイム・ロウは特別な存在と成りえたのです。そんな彼らにはこれくらいで満足してもらっては困ります。もっと上の音楽を作る力があるからこそあえてこの曲のクオリティには不満と言わせていただきます。

発売は2015/4/8です!







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/04/01 09:00 ] The 1975 All Time Low | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2154-e7b336ca









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。