FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パーマ・ヴァイオレッツが遂に2ndアルバムをリリース!それに先駆け『Danger in the Club』を公開!

パーマ・ヴァイオレッツが遂に2ndアルバムをリリース!それに先駆けアルバム・タイトル曲である『Danger in the Club』を公開!




様々なハイプを巻き起こした英ロンドン出身の4ピース・バンド、パーマ・ヴァイオレッツ。ラフ・トレードの創始者であり、ザ・スミス、ザ・ストロークス、ザ・リバティーンズなどを見いだしたジェフ・トラヴィスが僅か一曲だけを聴いてすぐに契約したという逸話や、デビュー前からNME誌の表紙を飾ったりとまざにハイプだったのですが、13年にリリースしたデビュー作である『180』はNMEの“Best New Band”を獲得し、彼らが単なる話題性だけのバンドでないことを証明しました。

そして今回リリースが決定したニュー・アルバムですが、プロデューサーがなんとジョン・レッキー!!!あの伝説の名盤であるストーン・ローゼスの1stアルバムをプロデュースした人物です。さらにレディオヘッド、スウェード、ミューズなど名だたるUKバンドをプロデュースしており、その手腕は高く評価されていますが、その彼が15年振りに手掛けるUKバンドとなったのがパーマ・ヴァイオレッツなのです。

またまたハイプな匂いもしますが、ジョン・レッキーがプロデュースときたら反応してしまいます。そしてアルバムから『Danger in the Club』が公開されました。




力強いバンド・サウンドながらどこか物悲しさを感じさせるところがいかにもUKという感じがします。そしてしっかりとリスナーを魅きつけるフックもあり、完成度としてはなかなかのものではないでしょうか。ザ・リバティーンズが好きなリスナーにはアピールする曲だと思います。

正直この一曲だけでジョン・レッキーらしさを感じるのは難しいですが、作品がポップ/ロックとして期待できるものになるのは間違いなさそうです。

アルバムのリリースは2015/4/29です!







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/04/15 09:00 ] Mystery Jets Palma Violets | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2160-29b58d0c









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。