FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トロ・イ・モワの『What For ?』はどうだったのか?

トロ・イ・モワの『What For ?』はどうだったのか?


Toro Y Moi トロイモア / What For? 輸入盤 【CD】

Toro Y Moi トロイモア / What For? 輸入盤 【CD】
価格:1,798円(税込、送料別)



いよいよリリースされたトロ・イ・モワの2年振りとなる4thアルバム『What For ?』。リリース前に3度記事を書かせていただきましたが、その際に紹介させていただいた『Empty Nesters』、『Buffalo』、そして『Run Baby Run』のどれも、アルバムに大きな期待を抱かせる内容でしたが、実際にアルバムはその期待を裏切らないものになりました。

まずはアルバムのオープニングである『What You Want』ですが、これまで繰り返し述べてきた、“新作はかなりポップ色の強いものになるのでは?”という予想を裏付ける、ポップなナンバーです。この曲を頭に持ってきている辺りからも、トロ・イ・モワが今作をポップな傾向でいくとしていることが分かります。

先行公開されたエレクトリックなポップ・ナンバー、『Buffalo』、ゆったりとした『The Flight』、グルーヴィーなポップ『Empty Nesters』を挟んで、『Ratcliff』。ソフト・ロックという言葉を使いたくなるようなトロ・イ・モワのヴォーカルが印象的なナンバーで、その後ろでうねるムーグがいい味を出しています。大きな音で聴いているとトリップしてしまいそうな気持ち良さがあります。

そして『Lilly』!この曲のサビのメロディはサイケデリック期のビートルズな雰囲気がぷんぷんで、初めて聴いたときは興奮しました。この曲はポップでドリーミーでサイケで、最高です!




浮遊感の漂う曲が続いたところで、来ました!ギターのカッティングに導かれるグルーヴィーなナンバー、『Spell It Out』!このスペーシーなディスコ感はまさにトロ・イ・モワ!今作ではこういった曲調はこの曲だけですが、やっぱり反応してしまいますね!

ポップ色爆発の『Half Dome』、さらにその上をいく名ポップ・ナンバー『Run Baby Run』に続いてラスト・ナンバー『Yeah Right』です。このアルバムのラストを飾るのに相応しい、ゆったりと波が押し寄せてくるように優しく包み込まれていくポップ・ナンバーです。

このアルバムは大きくポップ・サイドに振れた作品ですが、それともう一つ、漂うような浮遊感のあるサウンドが特徴でもあります。『Run Baby Run』の紹介の記事で“ハイ・ラマズ”の名前を引用させていただきましたが、アルバム全体を聴いて、やはりそのイメージを持ちました。

ここではないどこか、そんな素敵な場所へあなたを連れて行ってくれる作品です。







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/04/17 09:00 ] The Skids Toro Y Moi | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2170-e061f3c5









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。