FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フランツ・フェルディナンド x スパークス = FFSのアルバム『FFS』が6月にリリース!そこから『Piss Off』が公開!

フランツ・フェルディナンド x スパークス = FFSのアルバム『FFS』が6月にリリース!そこから『Piss Off』が公開!


【送料無料】 Ffs / Ffs 【CD】

【送料無料】 Ffs / Ffs 【CD】
価格:2,561円(税込、送料込)



異色の組み合わせで大きな注目を集めているFFS。まずは簡単に両グループの紹介から。

フランツ・フェルディナンドは02年に結成されたスコットランド、グラスゴーのバンドで、04年のデビュー作『フランツ・フェルディナンド』が世界的な成功をおさめ、グラミー賞にノミネートされ、またブリット・アワード、マーキュリー・プライズ、NMEアワードを史上初めて受賞したバンドでもあります。

音はポップでスタイリッシュなニュー・ウェーヴ感のあるダンス・サウンドで、彼らの代表曲である『Do You Want to』のかっこよさときたら!自分たちのサウンドを持った素晴らしいバンドです。

一方スパークスは、70年にロンとラッセルのメイル兄弟によって結成されたアメリのバンドで、アメリカのバンドでありながらウィットに富んだ歌詞や捻ったメロディ、シアトリカルなヴォーカルが英国を思わせ、カルト的な人気を集めています。最新作は09年の『The Seduction of Ingmar Bergman』で依然一線で活動を続けています。

そんなフランツ・フェルディナンドとスパークスという組み合わせが意外過ぎてちょっと音が想像できないのですが、『The Domino Effect』の短い予告映像に続いて、遂に曲が公開されました!

今回公開されたのは『Piss Off』。うわ!これはまさにフランツとスパークスの合体技ですね!フランツらしい跳ねるビートと、スパークスらしいポップの王道を敢えて外すようなメロディと複雑な展開。そしてフランツのアレクサンダーがヴォーカルをとるときはフランツっぽく、スパークスのラッセルがヴォーカルをとるときはスパークスっぽくなるのも面白いですね。




有名バンドの共作が上手くいくことはなかなかないのですが、この曲に関してはそれぞれのバンドの持つ良い部分が相乗効果で発揮されて素晴らしい内容になっています。これはアルバムも楽しみですね!

アルバムのリリースは2015/6/10です!







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/04/13 09:00 ] Fall Out Boyz Ⅱ Men FFS | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2172-4d7b5594









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。