FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スーパーチャンクのフロントマン、マック・マコーンがキャリア25年目にして遂にソロ・アルバムをリリース!

スーパーチャンクのフロントマン、マック・マコーンがキャリア25年目にして遂にソロ・アルバムをリリース!




89年に米カロライナ州チャペルヒルで結成されたスーパーチャンクは、これまでに10枚のスタジオ・アルバムをリリースしているアメリカを代表するインディ・バンドです。私も大好きで、このブログでも何度か紹介させていただいているのですが、ここにきてフロントマンのマック・マコーンが初ソロ・アルバム『ノン・ビリーヴァーズ』をリリースということで正直驚きました。

13年にリリースされた『I Hate Music』もスーパーチャンクらしいエッジの効いたロックが全開だったので、バンドの雰囲気は良いのだろうと思っていたからです。しかし、今回の作品は80年代初期のパンク~ポストパンクへの移行期に過ごした少年時代の想い出をインスピレーションに制作されたということで、自分の中から湧きあがる制作意欲に突き動かされてのものなのでしょう。

アルバムに先駆けて公開された『Wet Leaves』を聴くと、明らかにスーパーチャンクと違ったタイプの音楽です。シンプルなリズムをバックに、レイドバックしたノスタルジックなメロディをヴォーカルが漂うように歌っており、本人の話にもあったように昔を懐かしむようなテイストを感じます。




スーパーチャンクのような勢いを求めると肩透かしを喰うでしょうが、こんなリラックスできる作品もいいなと聴いていて思いました。

アルバムは2015/5/4リリースです!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/05/03 09:00 ] ロック M~P Mac McCaughan | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2191-52b96dd5









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。