FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パニック・アット・ザ・ディスコ、前作より2年振りとなる新曲『Hallelujah』を公開!

パニック・アット・ザ・ディスコ、前作より2年振りとなる新曲『Hallelujah』を公開!


03年に米ネバダ州ラスベガス近郊のサマーリンで結成されたパニック・アット・ザ・ディスコ。フォール・アウト・ボーイのベーシスト、ピート・ウェンツに自作曲を送って契約へと漕ぎ着けたというエピソードが物語るように、彼らのサウンドはアルバムによって変化しているものの、基本的にはフォール・アウト・ボーイに近い“エモ”と言えるでしょうし、度々引き合いにだされるマイ・ケミカル・ロマンスとの共通点も見受けられます。

デビュー作である『A Fever You Can't Sweat Out』を05年にリリースし、その中から『I Write Sins Not Tragedies』が世界的なヒットとなり、結果アルバムは200万枚を売り上げるヒット作となりました。

その後二人のメンバーの脱退はあったものの、順調に3枚のアルバムをリリースし、その存在をアピールしています。現在次のアルバムのニュースは入ってきていませんが、新曲『Hallelujah』が公開されたのでそのレビューを書かせていただきます。

一聴して感じるのがフォール・アウト・ボーイに近いなということです。メロディ、ヘヴィーなドラム、そして途中で入る「Hooo!」というコーラスまでなにか如何にもという感じでちょっと恥ずかしくなってしまいます。




ただ、フォール・アウト・ボーイであればディストーションのかかったギターを爆音で掻き鳴らすところで、ホーンを使って音に厚みを出したりしているところは、さすがパニック・アット・ザ・ディスコ!と思わされました。

とりあえず可もなく不可もなしといったところでしょうか。個人的にはあまりそそられませんでしたが、次の楽曲を楽しみに待ちたいと思います。





関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/05/08 09:00 ] Mystery Jets Panic! at the Disco | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2194-68132cdd









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。