FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブライアン・ウィルソン待望の新作『ノー・ピア・プレッシャー』はどうだったのか?

ブライアン・ウィルソン待望の新作『ノー・ピア・プレッシャー』はどうだったのか?




04年のスマイルで大きな話題を振りまいたことも記憶に新しいブライアン・ウィルソンが、ついにリリースした新作『No Pier Pressure』をリリースしました。88年の『ブライアン・ウィルソン』、98年の『イマジネーション』は非常に愛聴した作品で、弾けるようなポップネスと、大人も楽しむことのできる質の高さが同居した素晴らしい内容でしたが、今作もそういった期待を裏切ることのない素晴らしい作品に仕上がっています。そして、ほとんどの曲で彼の代名詞とも言えるコーラスを楽しむことが出来ます。最早ブライアン・ウィルソンが作り出すコーラスは芸術の域に到達しています。

まずはオープニングの『The Beautiful Day』ですが、美しいコーラスとストリングスに彩られた極上のナンバーで、これから始まるアルバムの幕開けを告げるには最適です。

そして先行公開時に紹介させていただいたエレクトリックな『Runaway Dancer』を挟んで、コーラスワークが素晴らし過ぎる『Whatever Happened』に繋がっていきます。コーラスを主体に作られた曲なのではと思ってしまうくらいコーラスが映えており、特にサビでの分厚いコーラスには圧倒されます。

She & Himをヴォーカルに迎えての『On The Island』はギターのリズムや口笛などの雰囲気がボサノバ的な感じですね。

ブライアン・ウィルソンの特徴であるコーラスにエレクトリックなビートを組み合わせた『Our Special Love』はこれまでにない表情を見せてくれる曲で、ビートの感触によって曲に軽やかさが生まれておりなかなか面白い曲になっています。

もう安定のクオリティで、大人を唸らせるポップ・ナンバー『The Right Time』、Kacey Musgravesとヴォーカルを交互にとる『Guess You Had to Be There』、明るくワクワクするサウンドで表情もほころぶ『Sail Away』、そしてNate Ruessがヴォーカルをとる『Saturday Night』のメロディも胸が踊ります。

ピアノとバイオリンをバックにクラシカルなメロディで始まる『One Kind of Love』は個人的なハイライトです。サビの空からメロディが降ってくるような感覚はブライアン・ウィルソンの音楽以外では得ることの出来ない体験で、ずっとこの音に包まれていたいと願ってしまいます。




アルバムは、その名もずばりな『The Last Song』で締めくくられます。スケールの大きな穏やかさのある曲で、アルバムが終わったあとにも満たされた気分が続きます。

アルバムを聴き終え、今作もファンがブライアン・ウィルソンに期待するものを全て兼ね備えた名作になったと思いました。これはどんな世代の方にも楽しんでもらえる素晴らしい作品です。やっぱりブライアン・ウィルソンは凄い!








関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/05/29 09:00 ] Animal Collective Brian Wilson | TB(0) | CM(2)

はじめまして☆

はじめまして、mazuと申します。アメブロで音楽紹介のブログを書いてます。

実はブライアン・ウィルソン、ビーチ・ボーイズの大ファンでして、今回の新譜についてもこれまでに何度か記事を書いており、本日(2015.6.7)付記事でアルバムを紹介しておられるブログとして貴ブログを紹介させて頂きました。特にセレクトされた曲はmazuもアルバムでいちばんお気に入りの曲なのでなおさら嬉しくなったものです。

あらためてブライアンの新譜を記事にして頂きありがとうございました!
[ 2015/06/07 17:08 ] [ 編集 ]

mazuさん凄いです!

mazuさん

コメントありがとうございます。ブログ読ませていただきました。
私が褒めていただいたのが恥ずかしくなるような、ブライアン・ウィルソン
に対するもの凄い愛情と情報量!素晴らし過ぎます。そんな方に
コメントをしていただき、またブログで紹介していただけるなんて
感激です!しかもお気に入りの曲が一緒とは!

ブライアン・ウィルソン、ビーチ・ボーイズ、ともに大好きな
ミュージシャンです。これからも聴き続けていきたいと思います。

ブログまた読ませていただきます!ありがとうございます!
[ 2015/06/07 19:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2201-3a7c5cea









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。