FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブラー待望の新作『ザ・マジック・ウィップ』はどうだったのか?

ブラー待望の新作『ザ・マジック・ウィップ』はどうだったのか?


Blur ブラー / Magic Whip 輸入盤 【CD】

Blur ブラー / Magic Whip 輸入盤 【CD】
価格:1,522円(税込、送料別)



遂にリリースされたブラーのニュー・アルバム。これまでに数曲は耳にしていたものの、やはり興奮を抑えきれずに再生ボタンを押しました。

アルバムは以前にこのブログで紹介させていただいた『Lonesome Street』で幕を開けます。ギターのストロークが印象的なブラーらしい楽曲だと思います。

続く『New World Towers』は昨年リリースされたデーモンのソロ作に近い内省的なナンバーで、心の奥にグッと響いてきます。アコースティック・ギターの音色が素晴らしいですね。

以前に紹介させていただいた『Go Out』と『Ice Cream Man』を挟んで『Thought I Was A Speceman』です。トム・ヨークのソロのようなミニマルなエレクトリック・ビートにのせてヴォーカルが呟かれる曲で、キャッチャーさはあまりせんが聴いていて気持ちの良い曲です。中盤からはドラムが入ってポップさが増しますが、個人的には前半のサウンドの方が好みです。

往年のブラー・ファンは『I Broadcast』を聴くとテンションが上がるのではないでしょうか?アップタウンの激しいメロディ、キレの良いギター、ちょっと生意気なデーモンのヴォーカル、初期のブラーといえばこのサウンドですね!




ストリングスをバックにダウナーな曲調で展開される『There Are Too Many of Us』もいいですが、また、サビのメロディに強く惹きつけられる『Pyongyang』も侮れません。決して激しい曲調ではないのですが、曲全体から強いエモーションを感じるナンバーで、聴いているとズブズブとのめり込んでいってしまいます。出だしは暗い雰囲気ですが、途中からポップ度を増していく『Ghost Ship』はいいですよね!全体的には暗い曲調のものが多いので、この曲が際立って感じられます。

Ong Ong』は“I wanna be with you"という歌詞が頭に残る脱力系ポップ・ナンバーで、これも初期のブラーっぽいですね。結構好き。

そしてラストを飾るのは『Mirrorball』。ミラーボールといってもクラブで華やかに輝いているようなイメージではなく、過ぎ去った時間が映し出されるような退廃的なムードのものです。これまたキャッチーなメロディはありませんが、聴き入ってしまう曲です。

デーモンのソロ作から予想出来たように、暗めの曲の多い構成となっていますが、中にはブラーらしいポップ・ナンバーや、キャッチーな曲もみられます。現在のブラーが様々なジャンルの音楽に興味を持っているということがよく分かる作品で、繰り返し聴くことでより愛着の湧く作品だと思います。私はこのアルバムを支持します!





関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/05/21 09:00 ] Animal Collective Blur | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2204-8a378698









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。