FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブライト・アイズのコナー・バースト率いるデスパラシドスが13年振りの新作『Payola』をリリース!アルバムより『City on the Hill』を公開!

ブライト・アイズのコナー・バースト率いるデスパラシドスが13年振りの新作『Payola』をリリース!アルバムより『City on the Hill』を公開!


Desaparecidos / Payola 輸入盤 【CD】

Desaparecidos / Payola 輸入盤 【CD】
価格:2,138円(税込、送料別)



95年にコナー・バーストのソロ・プロジェクトとしてスタートしたブライト・アイズ。その後プロデューサーであるマイク・モーギス、ネイト・ウォルコットの3人を中心とする不定形ユニットへとなっていますが、フォークやカントリーを根底に持った繊細で美しいメロディは不変で、現代を代表するシンガーソングライターであるといえるでしょう。

私がブライト・アイズの音楽に出会ったのは02年にリリースされた4thアルバム『Lifted or The Story Is in the Soil, Keep Your Ear to the Ground』でした。この作品はローリング・ストー誌で02年の年間ベスト・アルバムに選出され、ブライト・アイズの出世作となりました。

その後は05年の『I'm Wide Awake, It's Morning』、07年の『Cassadaga』など、まさに傑作と言われる内容の作品を愛聴しながら、ブライト・アイズというグループの素質に圧倒されていました。

そんなコナー・バーストが率いるデスパラシドスは02年に『Read Music / Speak Spanish』でデビューしました。ブライト・アイズのサウンドとは大きく異なり、パンクやエモ、ガレージを中心としたラウドなサウンドが特徴です。また、南米の軍事政権下で不当な待遇を受けた人々を指して、“消えてしまったもの”という意味を持つスペイン語をバンド名にしているように、政治的メッセージが強いのも大きなポイントです。

活動を行っていない期間がかなり空いたりしていたのですが、ここにきて13年振りとなるアルバム、『Payola』のリリースが決定しました。新作については“前作以上に生々しく、うるさく、怒りに満ちている”とのことで相当な力作になっていそうです。

そして公開された『City on the Hill』ですが、確かにエネルギッシュではありますが、ノイジーだったりラウド過ぎて聴いている側がしんどくなるなどといったことはなく、ラウドではありながらもしっかり聴くことのできるメロディがありポップな仕上がりだと思います。コナー・バーストという才能の新たな一面を見ることができる非常に興味深いです。




さあ、次の公開曲が楽しみですね!アルバムのリリースは2015/6/23です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/06/12 09:00 ] DMA’S Desaparecidos | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2221-5db395ba









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。