FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大注目の作品、マムフォード&サンズの『ワイルダー・マインド』はどうだったのか?

大注目の作品、マムフォード&サンズの『ワイルダー・マインド』はどうだったのか?




今年最も話題を集めた作品の一つ、マムフォード&サンズの『ワイルダー・マインド』を聴くことができたので、さっそくレビューさせていただきます。

アルバムに先駆けて公開されていた『Believe』、『The Wolf』、そして『Snake Eyes』のどれもが素晴らしく、アルバムへの期待が高まっていましたが、まずはオープニングの『Tompkins Square Park』です。ドラムのどっしりとしたビートを中心に組み立てられたまっすぐなロック・ナンバーで、驚かされるようなことはないもののバンドの実力がはっきりと伝わってくる曲です。こういったストレートなロック・ナンバーを頭に持ってくるあたり、バンドの自信が伺えますね。

先行公開された『Believe』と『The Wolf』を挟んでアルバムのタイトル曲である『Wilder Mind』です。この曲もシンプルでありながら力強いドラムが曲の骨格となっています。ジワジワと熱が伝わるような抑えたヴォーカルのトーンがグッときますね。メロディやギターも男っぽさがあり、荒野を吹き渡っていくような印象を受けます。

同じく無骨な雰囲気を持ちながら、ドラマティックな展開が加わった『Just Smoke』は今作のハイライトの一つでしょう。サビにかけて徐々に盛り上がっていき、いったんスピードを緩めてから突っ走る展開には否応なしに乗せられます。トラッドぽいバックの演奏もいいですね。




続いての『Monster』もやはりアメリカ的な空気を感じるバラードで、今作はアルバムを通してこのテイストを感じます。個人的にはジェイコブ・ディランの名作『ウーマン・アンド・カントリー』を思い出しました。サウンドは少し明るくなっていますが、『Broad-Shouldered Beasts』も似た傾向をもつ曲ですね。

Cold Arm』も前述の2曲に近いのですが、とにかくヴォーカルの表現力が圧倒的で聴いていて久しぶりに心が震えました。エモーションにかき鳴らされるアコースティックギターと相まって恐ろしいほどの切迫感です。これも名曲。

一転してアップテンポな『Ditmas』です。サビでの素直な盛り上がり方はシングアロング間違いなしですね。ギターもドラムもベースも、みんなハッピーな笑顔で演奏している様子が眼に浮かぶようです。

そして『Only Love』。前半は非常に静かなバラードで、このままいくのかとおもいきや徐々に音数が増えていき、祈りにも似たヴォーカルとそれを支えるコーラスとキーボードがまるで教会音楽のようだなと思っていたところにぶっ込まれるギターとドラム!この展開はシビれる!そのまま一気に突っ走っていくところは最高に気持ちいい!

今作はアメリカン・ロックやカントリーといった要素が強く、より普遍的な音楽へと近づいた作品だという印象を受けました。彼らのトラッドなサウンドが好きだったので、その点は少し寂しいのですが、音楽のクオリティは文句のつけようがありません。恐ろしく高かった周囲の期待を超える力作を引っさげて帰って来てくれたマムフォード&サンズに拍手をしたい気持ちです。







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/06/27 09:00 ] Matt Walters Mumford & Sons | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2236-0ac1d28d









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。