FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベイルート、9月リリース予定の新作『No No No』よりタイトル曲である『No No No』を公開!

ベイルート、9月リリース予定の新作『No No No』よりタイトル曲である『No No No』を公開!


Beirut ベイルート / No No No 輸入盤 【CD】

Beirut ベイルート / No No No 輸入盤 【CD】
価格:2,499円(税込、送料別)



“ベイルート”この名前を聴くと特別な感情が湧いてきます。決して日本で知名度が高いバンドではないと思うのですが、彼らの2ndアルバム『The Flying Club Cup』は素晴らしい作品で愛聴していました。しかし、この作品を聴くまではベイルートというグループのことは全く知らず音楽に詳しい友人に紹介されてアルバムを聴いたのですが、あまりの良さに“ベイルートって誰!?”と思ったのをはっきりと覚えています。

しかし、そのままベイルートという名前を調べることなく時間は過ぎていたのですが、先日ベイルートが新作をリリースするというニュースを聴いて、“あのベイルート!?”と胸が高鳴りました。

調べてみると確かに私が愛聴していた作品をリリースしたグループで、もともとはサンタフェ出身のザカリー・フランシスのソロ・プロジェクトとしてスタートしたものが、バンド形式に発展していったとのことです。

サウンドはインディ・ロックやワールドミュージックという言葉で形容されていますが、フォーキーでフレンチな要素も感じさせられる非常にオリジナルなもので、これはザカリーがジャズ・バンドでトランペットを吹いていたこと、そしてメキシコ音楽や映画音楽に接していたことも関係しているようです。

今回公開された『No No No』は以前よりもさらにワールドミュージック感が強く出た作品となっていて、なかなか良いです。聴いていると日本のジャムバンド、スペシャル・アザーズを思い出しました。ただ、個人的には『The Flying Club Cup』のときのような、もっとフォーキーなサウンドの方が好みですが。




とりあえずあのベイルートが新作を届けてくれたということで、次の公開曲をワクワクしながら待ちたいと思います!

アルバムのリリースは2015/9/11です!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/06/29 09:00 ] Animal Collective Beirut | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2239-25f3f3ac









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。