FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アレサ・フランクリンとローリン・ヒルが出会った名曲、『A Rose Is Still a Rose』

アレサ・フランクリンとローリン・ヒルが出会った名曲、『A Rose Is Still a Rose』





説明不要のクイーン・オブ・ソウル、アレサ・フランクリン。56年にプロのシンガーとして初のレコーディングを行ない、60年にはコロンビアと契約し、今日まで素晴らしい作品をリリースし続けています。

そんなアレサが98年にリリースしたのが『A Rose Is Still a Rose』で、そのタイトル・トラックが今回紹介させていただく『A Rose Is Still a Rose』です。




まず、この曲の最大のポイントといえば、当時絶好調だったローリン・ヒルがプロデュースを担当していることでしょう。ローリンはこの年に彼女の代表作にして翌年11部門にノミネートされ、最優秀新人賞、最優秀アルバムなど、女性アーティスト史上最多の5部門を制した名盤『The Miseducation of Lauryn Hill』をリリースしており、彼女が最も乗っていた時期と言えるでしょう。

曲も全編に亘って『The Miseducation of Lauryn Hill』期のローリンのサウンドが全開で、スタイリッシュでソウルフルな最高のサウンドです。また、アレサのヴォーカルもさすがの貫禄で、こちらも申し分ありません。

ローリンはバックコーラスも担当しており、アレサとローリンの共演という豪華なシチュエーションも堪能できます。

クイーン・オブ・ソウルが当時最先端の音にアップデイトされた作品で、それと同時に今なお輝き続ける名曲です。







関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2016/01/15 09:00 ] ソウル #~D Aretha Franklin | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2244-a4fec82e









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。