FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Dr.ドレの15年ぶりの新作『コンプトン』で遂にDJプレミアとのコラボが実現!その『Animals』の経緯を語る!

Dr.ドレの15年ぶりの新作『コンプトン』で遂にDJプレミアとのコラボが実現!その『Animals』の経緯を語る!




先日bmrのホームページでDr.ドレとDJプレミアのコラボについて、DJプレミアが語った内容が掲載されていました。

ヒップ・ホップ史を代表するプロデューサーの共演ということで大きな話題となった曲ですが、実は昨年の段階ですでにドレに依頼されたプレミアは5曲のビートを送っていたそうです。しかし、ドレが映画の製作で忙しくなりいったんその話は流れていました。

プレミアはロシアのビートメイカー=BMB・スペースキッドとともに2曲を製作し、そのうちの1曲が『Animals』に参加しているLAの新進シンガー/ラッパー/プロデューサー、アンダーソン・パークを迎えた『Animals』となったとのことです。

もともとはこの曲はボルティモアで起きた暴動についてアンダーソンが歌詞をつけた『F.S.U.』という曲で、仕上がりをきいたプレミアも”やばい”と感じたとのことでしたが、ドレが耳にして、『これはもう、Comptonにぴったりじゃないか』って言って、『これにラップを加えたい、ドレのヴァースをね』って言われたそう。プレミアも『もちろん!それにノーとは言えないだろ』って答え、それからドレは、『お前のビートなんだから一緒に作ろうぜ。音を加えて、ミックスダウンも一緒にできるだろ。後、“Fuck Shit Up”じゃなくて、“Animals”にタイトルを変えていいか?』って言ってきたとのこと。それに対してプレミアも、『いいよ、クールだ』って答え、めでたく二人の共演は現実のものとなったのです。

曲を聴いてみると確かに音にプレミアの空気を感じることができます。ビートの音色は間違いなくプレミアですね。ただ、プレミアらしい男臭いトラックの中に若干メロウなR&B色があり、そこにドレっぽさを感じますね。




アンダーソン・パークのラップもばっちり曲とはまっており、確かにこれは名曲ですね!ドレとプレミアの名に恥じない素晴らしいトラックです!











関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/08/20 09:00 ] ヒップホップ #~D Dr. Dre | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2292-733ff28f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。