FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レニー・クラヴィッツの歴史的名盤『ママ・セッド』に収録されていた『It Ain’t Over ‘til It’s Over』

レニー・クラヴィッツの歴史的名盤『ママ・セッド』に収録されていた『It Ain’t Over ‘til It’s Over』




レニー・クラヴィッツと言われて一番最初に“ハード・ロック”という単語を思い浮かべられる方も多いと思います。確かに『I Goona Go My Way』や『American Woman』などといった有名曲にはそういった傾向がみられます。

しかし、黒人であるレニー・クラヴィッツにはやはり脈々と黒人音楽のヴァイヴが流れているのも事実でありながら、レニー・クラヴィッツの特異性とは白人音楽でも黒人音楽でもない、どちらからも一歩引いた立ち位置で俯瞰的にそれらの音楽を見られるとことではないでしょうか。

そんな文章を書いておきながら、今回紹介させて『It Ain’t Over ‘til It’s Over』はもう完全にソウルど真ん中な曲です。レニー・クラヴィッツ自身が00年のVivamusic.comのインタビューで語ったところによると、「この曲はある日突然降りてきたんだよね。僕はこの曲がクラシックなヴァイヴを持っているのが分かった。そして今でもこの曲が大好きなんだよ」とのことですが、まさにそれ!私がこの曲に対して感じていることもそのままです。




ソウル・クラシックが持っているとろけるようなヴァイヴを持つこの曲は、聴くたびに心の奥から暖かくしてくれます。イントロのドラムからストリングスの柔らかな音色まで完璧!

この名曲が収録されている名盤2ndがこちら!











関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2016/01/20 09:00 ] Jesse Winchester Lenny Kravitz | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2334-6d071915









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。