FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェームス・ベイ、フローレンス・アンド・ザ・マシーンの名曲『Shake It Our』のカヴァーを公開!

ジェームス・ベイ、フローレンス・アンド・ザ・マシーンの名曲『Shake It Our』のカヴァーを公開!



Shake It Out』はフローレンス・アンド・ザ・マシーンが11年にリリースした2ndアルバム『セレモニアルズ』に収録されていたナンバーで、チャート的にはそれほど成功を収めた訳ではないのですが、オルガンやベルなどのインストルメンタルがバロック的な空気を生み出しており、個人的にはフローレンス・アンド・ザ・マシーンのイメージに最も合った、バンドを代表する名曲だと思っています。

そんな宗教的な美しさを持つこの曲をアコースティックギターによるサウンドが中心のジェームス・ベイが、いかに料理するかというところに非常に興味があったのですが、ギターとベース、ドラム、オルガンという最小限の構成でダイナミックに聴かせきり、見事と言うほかはないパフォーマンスです。




バッチリとタイミングの合ったタイトな演奏も素晴らしいのですが、なんといってもジェームス・ベイのヴォーカル。この説得力は凄い!

個人的にはオリジナルの方が好きなのですが、こちらもかなりの力作、聴いてみる価値は十分にあります!

こちらはジェームス・ベイの傑作デビュー・アルバムです!











関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/10/03 09:00 ] James James Bay | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2343-79b86144









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。