FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブロック・パーティーが4年ぶりとなる新作『Hymns』を来年リリース!そこから『The Love Within』を公開!

ブロック・パーティーが4年ぶりとなる新作『Hymns』を来年リリース!そこから『The Love Within』を公開!


ブロック・パーティーの新作です!前作がリリースされたのが12年なのでそれほど時間が空いているわけではないのですが、13 年、ドラマーのマット・トンの脱退に続き、今年3月にはベーシストのゴードン・モークスの脱退も伝えられていたこと、そしてバンドの中心人物であるケリー・オケレケがソロ・アルバムをリリースしたことなどがあり、ブロック・パーティーはこのまま自然消滅してしまうのではと危惧していました。

ダンス・ミュージックとロック、パンクを融合し、鋭角に切り込むサウンドを聴かせてくれるブロック・パーティーは個人的に気になるバンドで、特にデビュー作である05年の『サイレント・アラーム』は大好きな一枚でした。

新ベーシストのジャスティン・ハリスとドラマーのルイーズ・バートルを加えどんな作品を作り上げてくるのか興味が尽きないところですが、遂に新作から『The Love Within』が公開されました!




ケリーのソロ作はかなりエレクトリックに寄った作品でしたが、『The Love Within』もエレクトリック色の強い曲ですね。なんとも言えないストレンジなメロディが緩く流れる展開から、サビでは一気にメロディアス度が上昇します。ただ、1stのようなエッジのたったサウンドを期待すると肩透かしをくうことになるでしょう。

『The Love Within』を聴いて、ケリーのソロ作と併せて考え、現在のケリーの興味がこういったサウンドに向いているのだなと実感しました。他の収録曲を聴かないと分からないのですが、エレクトリック色は強い作品になりそうです。



関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/10/20 09:00 ] Animal Collective Bloc Party | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2355-eb8e3082









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。