FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

買いました!ポータブルヘッドフォンアンプ、OPPO Digital OPP-HA2!

買いました!ポータブルヘッドフォンアンプ、OPPO Digital OPP-HA2!



以前からハイレゾ、ハイレゾと言っていましたが、いよいよ本格的にハイレゾが普及し始め環境もかなり整ってきましたので、ポータブルミュージックプレイヤーでもハイレゾに対応していこうと思い色々調べ始めました。

まずはやはり大人気のウォークマン。iPhone/iPodの音質がかなり残念なことと、私の使っているのが10年前に買ったiPod ClassicとiPhone3GSというかなり老朽化したコンビなので、ここで買い換えてみようと思ったのです。

値段も手頃なA-20シリーズか、奮発してさらなる高音質を求めてのZW-100か非常に迷い、とりあえずビックカメラ名古屋店で試聴してみることにしました。









ウォークマンのコーナーが設けられ、ハイレゾという言葉が至る所に見られます。ここまで普及していることにまず驚きました。そしていよいよA-20を聴いてみると…うん?あれ?もうちょっといい音だと思っていたんだけど…試聴用に入れられている音源はハイレゾ音源で、そちらの方は問題ないと思うのですが、私の期待が高すぎたのでしょうか、正直少しがっかりしました。

それではということでZW-100へ。確かにはっきり音の輪郭がクリアーで、かなり痛い出費にはなりますがどうせ買うなら間違いなくこっちでしょう。ただし、税込みで約7万円。う〜ん、厳しい。

そこで頭に浮かんだのがポータブルヘッドフォンアンプです。これであればこれまでと同じようにiPodを使い続けられ、その点ではかなり楽ですよね。老朽化しているものの、やはりiTunesで音楽を管理することで、iPodで聴いた曲がパソコンのiTunesに反映されるのはありがたいです。なぜなら、私は膨大な数の音源を所持しており(約23万曲)、プレイリストを使って一度も再生されていない曲を管理しているので、ウォークマンがiTunesを使って曲の管理ができたとしても、再生した曲がパソコンのiTunesに反映されないのはかなり気になるのです。

まず、予算としては2~3万円と考えており、その範囲で興味のありそうなヘッドフォンアンプをピックアップすることから始めました。ソニーのPHA-1A、オンキョーのDAC-HA200、そしてDENONのDA-10SPEMです。

どのヘッドフォンアンプも評価は高く、使うことではっきりとした音の変化が感じられるようです。ただ、予算的にはかなりはみ出してしまうのですが、OPPO Digital OPP-HA2が相当気になりました。

まず見た目がとてもスタイリッシュ!これでかなり惹きつけられます。さらに説明文を引用させていただきますが、普及価格帯製品としては異例の高性能DACチップESS Technology社製Sabre32 Reference ES9018K2M採用、384 kHz/32bitまでのPCMデータおよび11.2 MHz (DSD256)までのDSDデータの再生が可能で,あらゆるハイレゾ音源に対応、そしてアナログライン入力のほか,USBデジタル入力によりiOS端末,Android端末,PCとの接続が可能とのことで、音のとんでもなく良さそうなこと、さらにパソコンとの接続も可能なことがとにかく魅力的です。

やはりこれも文章では判断できないので、ビックカメラ名古屋店さんへお邪魔してきました。

ヘッドフォンアンプの棚はあまり人がおらず、それがいいですよね。ゆっくり視聴させていただくとして、まずはソニーのPHA-1Aから。視聴に使用したのはビートルズの『アビーロード』から『Come Together』。この曲を使ったのはリマスターされたアルバムからアップルロスレスでリッピングしたもので、過剰な音の装飾がなく視聴に向いていると思ったからです。視聴に使用したイヤフォンはフィリップスの





ヘッドフォンアンプでこれほど音が変わるのか!それが一聴した印象です。音の輪郭が鮮明になり、音にもグッと艶が出て圧倒的に聴いているのが楽しい音になりました。音の厚みもはっきり増しているのが感じられます。

続いてオンキョーのDAC-HA200。ソニーのPHA-1A とDENONのDA-10SPEM が192kHz/24bitまで対応しているのに対して、96kHz/24bitまでしか対応していないのが気になりますが、レビューによると飾り付けのない素直な音ということでそこに興味があったのと、同じ会社ということでオンキョーのHF Playerというアプリとの相性が抜群ということで気になっていました。





結果から言うと、私としてはソニーのPHA-1Aの方が好みの音でした。こちらも音がはっきりとクリアーになっていたのですが、音のパンチというものが若干劣っているように感じました。

長くなってしまいましたので、続きは次回で!




関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/11/20 09:00 ] OPPO Digital OPP-HA2 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2385-640722b1









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。