FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル』など多くのヒット曲を放ったユーリズミックスの05年のベスト・アルバムが再発!

『ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル』など多くのヒット曲を放ったユーリズミックスの05年のベスト・アルバムが再発!




80年にアニー・レノックスとデイヴ・スチュワートによって結成されたユーリズミックス。アニー・レノックスの圧倒的なヴォーカルと短髪というルックスのインパクト、そしてデイヴ・スチュワートが作り出すエレクトリックなポップ・サウンドが強い支持を受け、数多くのヒット曲をリリースしました。

中でも最も有名な曲といえばスティーヴィー・ワンダーがコーラスで参加した『There Must Be An Angel』でしょう。この曲を耳にしたことのない人はいないと言っても良いくらい、CMやテレビ番組などで頻繁に使用されています。もうイントロのアニーのヴォーカルで一発ノックアウトですよね。ソウルとエレクトリックが理想的な形で融合された名曲です。




それ以外の気になる曲は、ユーリズミックスが世界的な成功を収めるきっかけとなった『Sweet Dreams』。繰り返されるシンセサイザーによるダークな旋律が強烈なインパクトを放つこの曲が、爆発的なヒットとなったのはよく理解できます。バンドにとって初めてのNo.1アルバムとなった83年の『Touch』収録の『Who’s That Girl』も似たテイストの曲ですね。

個人的に面白いなと感じるのが、カリプソ風のノリノリなリズムがハッピーな空気を作り出す『Right By Your Side』です。ユーリズミックスのイメージとは大きく違っていて面白いですね。

『Sweet Dreams』のようなダークなシンセサイザーを用いながら、オーケストラを組み合わせることでよりスケールの大きな曲となった『Here Comes the Rain Again』も印象的ですね。オーケストラの指揮はあのマイケル・ケイ面です。

ギターが前面に出た『When Tomorrow Comes』もクオリティの高いポップ・ナンバーですし、『Miracle of Love』もギターが活躍していますね。デイヴのギターは布袋さんも好きと言っていましたが、プロデューサー的な視点でプレイしており私も好きです。

一転してダンス寄りのサウンドとなった『Sex Crime』は大きなヒットとなりましたが、そのタイトルからオンエアを見合わせるラジオ局がいくつもあり話題となりました。

そしてアニー・レノックスのヴォーカルが堪能できる名バラード、『Angel』も外せないですね!本当にこの人は歌が上手いですし、それだけでなくソウルフルなんですよね。素晴らしい!

まだまだ聴きごたえのある曲がいくつもありますので、ぜひご自分の耳でご確認を!

アルバムのリリースは2015/12/23です!













いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/12/21 09:00 ] Eurythmics | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2422-712fbbdd









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。