FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フォーキーなポップ・サウンドが素晴らしいマット・ウォルターズの『ナイトウォーク』

フォーキーなポップ・サウンドが素晴らしいマット・ウォルターズの『ナイトウォーク』


マット・ウォルターズをご存知でしょうか?私もこの作品を聴くまでは全く知らなかったのですが、豪メルボルン出身の30歳のシンガーソングライターとのことで、今回紹介させていただく14年の『ナイトウォーク』と、11年に『Farewell Youth』というスタジオ・アルバムをリリースしています。

サウンドは正統派のフォーキーなポップなのですが、他の多くのミュージシャンとは一線を画すソングライティング能力があります。

それはアルバムのオープニング・ナンバーであり、タイトル曲でもある『Nightwalk』を聴いていただけばお分かり頂けると思います。奇をてらうことなく真っ直ぐに響くギターをバックに、澄み渡る声で歌われるメロディの力強さ!色々なギミックにまみれた音を聴いている耳には驚きをも喚起させてくれる真っ直ぐなサウンドです。




意味深なタイトルの『Melbourne Goodbye』は一度聴いたら心に残る不思議な魅力を持つメロディが出色です。この曲はとにかく惹きつけられます。また『Angel Hair』のサビのメロディもグッとくるものがありますね。

Hard Luck (New York City, 1918)』はシンプルな構成ですが、聴き手を引き込む何かがあり、これがマット・ウォルターズというミュージシャンの特別な才能なのでしょう。もちろん声やメロディが素晴らしいということはあるのですが、それだけでは説明のできない何かを感じます。似たようなことを『Build a Place』にも感じますが、この曲はさらにエモーショナルでスケールが大きく胸に強く迫るものがあります。

そしてアルバムは優しく包み込む癒しに満ちた『Julianne』で終焉を迎えます。アルバムの最後にこの曲を持ってくることで、聴き手は全てを洗い流すような気持ちでこの夢のような体験を終わらせることができます。

音楽が好きであればマット・ウォルターズの作品を聴いて何も感じないということはないと思います。それくらい音楽への愛に満ちた作品です。

アマゾンで『ナイトウォーク』の取り扱いがないため『Farewell Youth』を。












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2016/01/25 09:00 ] Matt Walters | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/2448-1fb8dec9









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。