FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Common(コモン) - Finding Forever(ファインディング・フォーエヴァー) [ヒップ・ホップ 名盤]

『Be』でカニエ・ウェストとのタッグが大成功を収め、再びタッグを組んだ2007年のアルバム『Finding Forever』を紹介させていただきます。個人的にはコモンは2枚目のジャージーでソウルフルな音が一番好きで、それ以後の2枚もかなり好きだったのですが、前作の『Be』は最初はめちゃかっこいいと思ったのですが、繰り返し聴いていくうちになんとなくCDプレイヤーにのらなくなりました。なので今作もどうかなと思っていたのですが、今作は逆で、あまりピンとこなかった印象が、聴いていくうちに良くなっていきました。

基本的にアルバム全編を通して、カニエ・ウェストお得意のソウルねたの早回しが多用されています。これはカニエ・ウェストが登場したときに大ブームになった手法ですが、正直私はあまり好きではありません。これは完全に好みの問題で、一般に高く評価されていますのでカニエ・ウェストの才能に異論はありません。

今作でこの音が出てきたときは正直、う~んと思ったのですが、繰り返し聴くとコモンのラップとかなり相性が良く、曲がすっと入ってくるようになり、バック・トラックのことがあまり気にならなくなりました。

まさにカニエ・サウンドという曲が続く中で、5曲目の『I Want You』は結構好きですね。コモンのライムが始まるところで後ろの音がリズムと中心としたとてもシンプルな音になり、それによってコモンのストレイト・アヘッドなライムが映えています。6曲目は『Southside』という名前の通り最近流行のギターと取り入れた音作りとなっています。そして7曲目の『The Game』はプロデュースはカニエ・ウェストですが、DJプレミアがスクラッチで参加しています。そのせいかバック・トラックはDJプレミアのサウンドにかなり近くなっており、それがもの凄くかっこいいです。

そしてこのアルバムの目玉となる曲は9曲目の『So Far to Go』ではないでしょうか。一番の話題はディアンジェロが参加していることです。実際コモンのファンと、ディアンジェロのファンとはかなりかぶるのではないでしょうか?音の質感、音楽へのアプローチなど共通点が多いと思います。この曲の感じはコモンの『Like Water for Chocolate』や、ディアンジェロの『Voodoo』に近いものがあります。ちなみに『So Far to Go』はあのJ. Dillaのアルバムに収録されていた曲です。

カニエ・ウェストとコモンのコラボが好きな人には間違いなく名盤だと思います。いいえ、それ以外のヒップ・ホップファンにも高い評価を得るアルバムではないでしょうか?それでもやはり私はそれ以前のアルバムが聴きたくなってしまうのですが。








関連記事

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/10/28 09:00 ] ヒップホップ #~D Common | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sensun.blog83.fc2.com/tb.php/325-778fd71f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。